4月20日(月) | Skype

助産師ママによる鉄ミネラルのお話〜妊活・妊娠・お産・産後・育児中の方を始め全ての方に伝えたい大切なこと〜 亀岡編

お申し込みの受付は終了しました。
助産師ママによる鉄ミネラルのお話〜妊活・妊娠・お産・産後・育児中の方を始め全ての方に伝えたい大切なこと〜  亀岡編

日時・場所

2020年4月20日 10:00 – 12:00
Skype

イベントについて

コロナウイルスのため、オンラインで行います!

今回は限定4名!

全ての女性に必ず知ってほしい大切なお話です。

これは、京都大学の野中先生が特許申請中の鉄ミネラルのお話を元にしたものです。

私も先生の監修のもと、鉄ミネラルアドバイザーとなりました。

まだ、ほとんどの方が知らない目から鱗の大事な情報を、助産師の立場から、

そして月経・妊娠・出産・育児を経験したママの立場からお伝えします。

Q. こんな症状はありませんか?

・疲れやすい

・だるい、重い、辛い

・イライラする

・頭痛がする

・気分が落ち込む

・肌荒れ

・爪が割れる

・髪の毛がよく抜ける

・太りやすい

・冷え性

・花粉症

・アレルギーがある

・アトピーがある

・月経血が多い

・生理痛が辛い

・糖質(お米やパンばかり食べている・甘いものが大好き)摂取量が多い

何か1つでも当てはまる方は、鉄不足が考えられます。

特に女性は、月経により毎月一定量の血液を失います。

妊娠中は、胎児に鉄を供給し血液が薄まるので、貧血になりやすいです。

お産でも出血で貧血となった方も多いはずです。

産後も母乳で栄養分やカロリーが赤ちゃんへと流れます。

そして育児が大変で、ご飯を簡単に済ませやすいです。

そうなると、鉄が不足し、貧血となります。

女性特有のだるい・重い・気分が優れないなどの不定愁訴や、産後に起こりやすい産後鬱なども

実は鉄不足が原因と言われています。

なかなか妊娠しない方も鉄不足かもしれません。

女性だけでなく、皮膚トラブルを起こしやすい・アトピー・アレルギーのお子さんや男性も

鉄不足かもしれません。

落ち着きがない子・集中力がない子も鉄不足かもしれません。

厚生労働省の日本人の鉄摂取量は、60年以上前の1950年から、約1/6に減少しています。

どうしてこのような状態になったのでしょうか?

鉄ミネラルのお話会で、その原因・仕組み・鉄を安くて簡単に摂取する方法を、

詳しくわかりやすくお伝えします。

女性だけでなく男性も全ての年齢の方にお伝えしたい内容です。

特に妊活中・妊娠中・産後の方にはとっても大切な情報です。

《受講料》 

・初めて受講の方 3600円(冊子代2000円:送ります。送料は負担していただきます)

 ・2回目以降受講の方(何回聞いていただいても大丈夫です)  1000円  

・他の鉄ミネラル会に参加して冊子をお持ちの方 2000円

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア